根管治療

お問い合わせtel:0422-21-4118
お問い合わせフォーム

根管治療を知る

虫歯の基礎知識

根管治療は虫歯が重度に進行した場合に行う治療です。
虫歯が進行すると歯が溶かされていき、やがて歯髄(歯の神経)にまで虫歯が到達します。そうすることで炎症を起こし激痛が起こります。

更に放置してしまうと、神経は壊死してしまい、歯の根に虫歯が進行していきます。歯の根に虫歯が進行すると、歯周組織にまで影響を及ぼすため、【根尖性歯周炎】という病名になります。

根尖性歯周炎まで進行してしまうと、歯を残すことは難しくなります。
また、再治療を繰り返すことでも歯を残すことが難しくなります。

つまり、根管治療は歯を残すための治療方法になります。

このような症状を感じたら、早めに受診しましょう。

歯がうずく

虫歯が神経にまで達するときに、以下の症状を感じます。

  • 温かいものがしみる
  • 甘いものを食べると痛い
  • 歯肉が腫れている
  • 噛むとひびく
  • ズキズキと痛む
  • 痛みがいきなり引いた
  • ひいたと思ったら、再度激痛が走ったむ

痛みがいきなり引いたと感じた場合、それは治ったのではなく、歯の神経が壊死してしまっている可能性があります。
放置をすると歯を残せない可能性がありますので、早めに治療を受けることを強くおすすめします。

根管治療は大きく2つの治療に分けられます。

抜髄治療

抜髄治療とは、虫歯に侵されてしまった神経を取り除き、根管内を消毒した後、根管充填を行い、最後に土台を植立した上にかぶせものを行います。

感染根管治療

感染根管治療は、抜髄治療をした歯の根が感染してしまっており、近先生歯周炎を発症した場合に行う治療です。
現在入っている土台や詰め物などを除去し、汚染されている組織を除去したたあと、消毒を行い、根管充填により消毒した部分を密封します。
その後土台を植立し、被せものをかぶせます。

根管治療の注意点

歯の根というのは非常に複雑で、人によって根管の本数や形が違います。

また、ファイルと呼ばれる器具で丁寧に治療をする必要があるため、どうしても他の治療よりも時間がかかってしまうことがあります。
その点をしっかりと留意していただければと思います。

診療予約・お問合せはこちらから

10:00~13:00---
14:30~18:30---

※土曜日は17:30まで