インプラント

お問い合わせtel:0422-21-4118
お問い合わせフォーム

専門医による適切なインプラント治療とは

インプラント治療を受ける際のチェックポイント

  • 日本口腔インプラント学会認定の専門医がいる医療機関を選ぶ
  • 料金や設備だけで、受診する医療機関を選ばない(特に無料相談など注意)
  • 相談の度に料金を下げてくる医療機関を選ばない
  • インプラント治療だけでなく、虫歯、歯周病、咬み合わせも診てくれる医療機関を選ぶ
  • お口全体の総合的な治療計画を立ててくれる医療機関を選ぶ
  • 予防や術後のメンテナンスがしっかりしている医療機関を選ぶ

インプラント治療では、手術前後のメンテナンスが特に重要です。
納得できる治療が受けられるよう、気になる点は、しっかりとドクターに確認をしておきましょう。

インプラント治療の前に土台となる口腔環境の作り方が大切

インプラント治療は、天然の歯の代用となる人工歯根および人工の被せ物で補う治療法です。顎の骨に人口の歯根を埋めるので、入れ歯やブリッジと違いしっかりと固定されます。
見た目はごく自然で、食べ物もしっかりと噛むことができます。治療をする前には、口腔内の環境を整える事が大切です。

家を建てる際に基礎工事を行なうのと同様に、お口の中の土台作りからスタートします。

当院では、まず初めに詳細な検査を行ない、虫歯や歯周病があった場合には治療し、咬み合わせもただしてからインプラント治療を始めます。

歯周病を放置したままインプラントを入れても、歯周病菌で骨が破壊されて人工歯根が抜けるケースがあります。

また、咬み合わせがずれたままインプラントを咬ませると、周囲の歯や筋肉、顎関節をはじめ、全身に悪影響を及ぼします。

咬み合わせ治療は患者さん一人ひとりによって異なりますが、大抵の場合は詰め物や被せ物の調整がメイン。

咬合再構成へと導くことに力を注ぎます。このような基礎工事をせずに、いきなり手術をするような治療は避けるべきです。

私は「基礎工事」を万全に行なってくれる歯科医師を選ぶことはお勧めします。

難症例にも対応できる特別な知識、技術を持つ専門医

手術による痛みや腫れには個人差があります。けれど、骨を削る量や歯茎を剥がす量が大きくなれば、それほど不安に思う必要はありません。

近年、頻繁に報道されるインプラント手術中の事故は、通常のレントゲン画像のみを頼りに手術を行なっている点が問題です。

歯科用CTで撮影した精密・立体的な画像で、骨や血管の位置などを正確に把握してから治療を進めれば、事故が起こる確率は格段に低くなります。

インプラント治療をうける際のドクター選びは(公社)日本口腔インプラント学会が認定する専門医資格の有無が一つの目安になるでしょう。

また、CTを撮影して治療するかどうかも確認してみましょう。私自身は、専門医資格を所持し、現在は年間で約100本の手術を手がけています。

患者さんから採血した血液を使い、治療箇所の免疫力や再生能力を高める治療法を導入するなど、身体への負担と痛みの少ないインプラント治療を実施するよう心がけています。

クリニックにCTを完備しているという利点もあってか、近年は、一般的な歯科医療のみを行なっているクリニックから、インプラント治療を希望する患者さんを紹介されるケースも増えています。

手術にも維持にも責任を持つ医療機関がベスト

インプラントは、手術をしたらそれだけで終わらせるわけではありません。

日々の口腔ケアを欠かさず定期的なメンテナンスを行うことで、長く持たせることが可能になるのです。

ケアやメンテナンスを怠ると、インプラントの周囲が炎症を起こしたり、インプラントそのものが抜けたりすることもあります。

正しいブラッシングやデンタルフロスの使い方など、歯と口腔のお手入れを丁寧に指導してくれる医療機関がベストです。

当院では、治療後にもお手入れの方法を詳細に指導。手術にも維持にも責任を持ち、10年後、20年後の見据えた治療を心がけています。

手術後のメンテナンスは半年に1回程度の通院で済みます。多少遠方でも、信頼できる医療機関で治療を受けるのが安心です。

これらのことに留意しつつ、インプラント治療を受けて頂きたいと思います。

インプラント「100本の法則」

「安心安全なインプラント」として院長は学会認定医でもありますが『100本の法則』というものをある海外の先生が提唱しています。
それは一年間に100本に満たないインプラント手術をしている歯科医師にインプラント手術を受ける患者様は不幸、可哀想という事だそうです。
確かに熟練とか手馴れるということがあります。
日高歯科医院院長は開業以来27年以上のインプラント実績を誇り、吉祥寺や武蔵野地区では先駆者的存在です。
昨年は144本のインプラントを行い高い成功率を収めています。お体に無理のないようにご一緒に考えてお口全体をしっかりと守っていきましょう。
どうぞ安心してご相談ください。

日本口腔インプラント学会の専門医であります当院院長の日高敏郎が安全・安心の治療提案を致します。

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。 インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。埋め込まれたインプラントが、平均6~12週間の治癒期間を経て骨にしっかりと結合します。 この期間、ITIインプラントの場合はインプラントの頭をはぐきの外に出した状態ですので、他のインプラントの頭を出すための2回目の手術をする必要がありません。

インプラント治療ビフォーアフター

インプラントのメリット

  • 取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の人工歯を入れることができます。
  • 取り外し式の入れ歯でも、インプラントの上にしっかりと固定されますので通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけら入った時の痛みがありません。
  • インプラントによる人工歯は、天然歯と変わらない感覚で噛むことができます。
  • 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。
  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
    楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

ブリッジとインプラント

ブリッジ
周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

→

インプラント
健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。

入れ歯とインプラント

入れ歯
入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

→

インプラント
数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

インプラントの手順

STEP1 レントゲンなどによって充分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。
STEP2 チタン製の小さなねじのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。
STEP3 チタン製の小さなねじのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。
STEP4 ITIインプラント技術により、人工の歯を取り付けます。

手術2回式のインプラントの場合は、ここでもう一度手術してインプラントの頭を出さなければなりません。
インプラント治療の終了後はホームケアが重要です。正しい歯磨きと半年に一度は定期健診を受けましょう。

診療予約・お問合せはこちらから

10:00~13:00---
14:30~18:30---

※土曜日は17:30まで